開示特許一覧表(Ver.2903)

confidential

開示番号 発明の名称 発明の概要 出願番号 出願日
2903001 打音装置 ソレノイドコイルに強磁性体を挿入し、強磁性体を可動させてコンクリート壁等を打音点検する打音装置。弾性体によって強磁性体12がソレノイドコイルの中心軸位置に支持されているのでソレノイドコイルの内壁を摺動する音は発生しない。小型軽量なので車輪付きドローンに搭載して点検できる。 2017-013742 2017/1/30
2903002 新規光学活性イミダゾリン-フェノール型触媒と光学活性アジリジンの製造方法 光学活性なアジリジン及び光学活性な四置換炭素を有するα-アミノホスホン酸誘導体の簡便かつ高エナンチオ選択的合成法の創生する。2H-アジリンを用い、光学活性イミダゾリン-フェノール型触媒、ジエチル亜鉛存在下で亜リン酸ジエステル類を反応させ不斉求核付加反応によりアジリジン骨格を有するα-アミノホスホン酸誘導体を合成する方法を創生した。 2017-017178 2017/2/2
2903003 Web上での大規模議論におけるファシリテータ支援システム 操作手段、会議表示手段、通信回線、会議サーバ手段からなるweb会議システムにおいて、ファシリテータおよび参加者からの投稿文の投稿時に、その内容に応じた要約が簡易表示され、ファシリテータからの投稿内容の意図を分かり易くするための絵、キャラクターマーク、文字、およびこれらを組み合わせたスタンプ情報を併記するスタンプ機能と、表示画面左側にファシリテータからの投稿文の要約、簡易表示、コメント投稿欄および時系列に沿った投稿コメント一覧を、画面右側に議論を支援する投稿状況、投稿ランキング、テーマを、それぞれ表示する領域区画表示機能と、を備えることを特徴とする。 2017-028716 2017/2/20
2903004 透明導電膜の製造方法及び透明導電膜 カーボンナノチューブと有機溶媒からなる分散液を用いたカーボンナノチューブの透明導電膜の製造方法である。透明導電膜は、シート抵抗が低くかつシート抵抗の面内均一性も高い。分散液には、界面活性剤などの分散剤を用いないので、分散剤除去プロセスが不要で製造工程を減らすことができ安定して高品質の透明導電膜を作製することができる。 2017-029939 2017/2/21
2903005 ディスクブレーキ 車両用ディスクブレーキのブレーキパッドにおいて、ライニングはディスクロータ半径方向の表面から裏板に向かって第1切り込み溝を有し、車両の前進方向のディスクロータの回転方向の反対方向に傾斜している。ライニングとディスクロータの間に発生するクエット流によりライニングに発生する浮上力により、ライニングとディスクロータを離れさせる。ライニングが摩耗しても浮上力を確保でき車両の走行燃費を改善できる。 2017-030549 2017/2/22
サイドメニューTOP 事務局

TEL 052-735-5538
FAX 052-735-5538

〒466-8555
名古屋市昭和区御器所町
名古屋工業大学
 産学官連携センター内
  (18号館 3F)

フォームからの問い合わせ