開示特許一覧表(Ver.2901)

confidential

開示番号 発明の名称 発明の概要 出願番号 出願日
2901001 接触検出器具 反射音を用いたる接触検出器具において、可動部を有することにより折り曲げて対象物に接触し、その状態に応じた信号を出力する機能を有する接触検出器具を提供する。音通路管の中心線と摺動面との交点を通り、摺動面に垂直な軸に対して、摺動面内の摺動面音通路が回転対称であり、可動音通路管が可動をしても音通路の全長の長さは変化しない。 2016-239540 2016/12/9
2901002 ウェアラブル生体センサ 本発明は、一対の信号検出電極と差動増幅回路を有するウェアラブル生体センサにおいて、各インピーダンス可変素子から検出された電圧の一方を基準とさせる電圧、他方の電圧を、基準とさせる電圧レベルの電圧とさせる信号を生成し、差動増幅回路へ入力させる。各種のフィルタを用いずに、外部電磁界に由来するコモンモードノイズが除され生体信号の周波数成分の劣化にがない。 2016-241873 2016/12/14
2901003 金属カルコゲナイド層成長グラフェンおよびその製造方法 【課題】光、有害物質、等のセンシング効率、および水素生成触媒、光触媒用電極とした際の触媒性、を格段に向上させることができる、金属カルコゲナイド層を水平・垂直の両方向に成長させたグラフェンおよびその製造方法を提供する。
【解決手段】グラフェン膜を銅箔に、CVD法により成長させ、SiO2/Si基板に移し、洗浄後、金属カルコゲナイド粉末を、直接グラフェン膜上に分散させ、高純度ガス雰囲気中で、金属カルコゲナイド層を、水平・垂直の両方向に成長させることを特徴とする、またはこの金属カルコゲナイド層および他の二次元材料上に、プラズマ法により、炭素を含む膜を、堆積させることを特徴とする。
2016-246284 2016/12/20
サイドメニューTOP 事務局

TEL 052-735-5538
FAX 052-735-5538

〒466-8555
名古屋市昭和区御器所町
名古屋工業大学
 産学官連携センター内
  (18号館 3F)

フォームからの問い合わせ