第16回総会および特別講演会を行いました。

第16回総会および特別講演会を開催。(創立15周年記念)
名古屋工業大学研究協力会は、6月5日大学内の新築の4号館ホールにおいて総会を開催。引き続いて特別講演会も行いました。

【総会】
水谷会長の開会の挨拶に始まり、経済産業省中部経済産業局 高木 博康 地域経済部長、並びに鵜飼名工大学長にもご挨拶を頂くと共に、昨年度決算・本年度の事業計画とそれに伴う予算など審議事項は全て原案通りに承認を頂き終了となった。
本年は2000年11月に設立された研究協力会も、会員をはじめとするご関係の皆様のご支援のおかげで記念すべき15周年を迎えることができた。
会員の皆様と名古屋工業大学が密に連携を図ることをめざして、設立をされたと聞いているが、15周年を堅持として、会員の皆様と共に更なる飛躍につながるような協力会活動を企画運営してゆきたい。(水谷会長談)


【特別講演会】
15周年を記念しての特別講演会には、名工大の産学官連携・地域貢献担当の江龍 修 副学長・教授と名工大OBでもあるNTTドコモの加藤 薰 社長のお二人を講師としてお招きして開催。
江龍講師は、「名工大の活用と研究テーマの共創」と題して講演する中で産学官連携プラザの設置を機に共同研究のスタイルを飛躍するイノベーションを起こしてゆくためにも、企業と研究者の横断的グループとをマッチングさせるコーディネーション設定の仕掛け能力を有するようにその取り組みをスタートさせたいと考えを明らかにするなど名工大の活用方について講演。
一方、加藤講師は「スマートライフのパートナーへ」をテーマに講演し、これまでのモバイル通信市場の変遷と現在の社会情緒を踏まえつつ、これからの社会をどのように創造していくべきか、様々なパートナーと巧みな付加価値を協創し、日本の成長と豊かな社会の実現に貢献していく意気込みを熱く語って頂いた。
ご参加者は企業会員、学内職員、学生を含めて170余名が参加し盛会裏に終了した。

【懇親交流会】
特別講演会に引き続いて、場所を大学会館レストランに移して、懇親交流会が行われた。
創立15周年を記念して豪華グッズの当たる抽選会も行い、例年より多くのご参加頂いた名工大の先生方や役員、会員そして産学官連携センターの関係者が一堂に会して、懇親交流を深めた有意義な機会となった。

サイドメニューTOP 事務局

TEL 052-735-5538
FAX 052-735-5538

〒466-8555
名古屋市昭和区御器所町
名古屋工業大学
 産学官連携センター内
  (18号館 3F)

フォームからの問い合わせ